無課金で往く白猫攻略記

スマートフォンアプリ白猫プロジェクトの攻略ブログです。無課金で頑張ってます。

呪斧シャルロットの可能性。

みなさんこんにちは。初めての記事ですね。

 

シャルが手に入ったので、いろいろ石板や武器とにらめっこしてたのですが、なかなか難しいですね。まぁレイン難民の私としては待望の打属性キャラで喜んでいます。(ノア・セツナ・ユーリエ・レクト・マナもいないんですよね。英雄シャルとか正月アシュレイで頑張ってました。)

 

斧シャルに完全に合うという武器がないんですよね。まぁ私の場合、選択肢がなさすぎると言うことがあるんですが。実質ネモ餅か呪斧かの二択ですし。

 

f:id:loreleisjp:20170502080152p:image

 

とりあえずネモ餅持たせているんですが、リジェネが被るのがあってあんまり合ってない感じですね。一応ネモ餅リジェネは2秒間隔、シャル本体のリジェネは3秒間隔で、回復量は攻撃の3%で同じなんでリジェネを上書きする意味はあります。

更に言えば、シャルのS1のリジェネは光焔の加護の前にかかってしまうため、一回S1を打ってから更にもう一回S1をチャージして打たないとリジェネ最大値にはならならないんですよね。どうせS1を2回打つなら、S1→武器スキルでもほとんど手間はかかりません。

訂正:S1のリジェネは一回目で光焔の加護込みの回復になっていました。なので理論上フルチャージS1一回で最大値のリジェネがかかるのですが、チャージ速度を上げていないと、フルチャージS1が溜めすぎてS3になってしまいます。なので、S3→フルチャージS1という流れになり、SPがもともと少ないシャルは、S2を打つ前にSP回収を余儀なくされます。もしくは、最初からチャージ1段階目のリジェネで我慢するという選択肢もあります。

ネモ餅の場合は、チャージなしS1→フルチャージ武器スキル、という流れになるので、上記よりは格段に少ないSPで最大値リジェネをかけられるという利点があります。

 

 

しかしネモ餅脳死は何か負けた気がする・・・。

 

そこで今回紹介したいのが最近めっきり聞かなくなってきた、呪斧です。

 

 

呪斧の利点:防御編

 

呪斧には他の呪武器とは違う点があって、実はデメリットの被ダメージ増加が2倍じゃなくて1.5倍なんですよね。これが大きくて、ある程度の防御力を持っているキャラクターならば、80%以上の時の防御2倍の恩恵が被ダメ増加のデメリットを上回る場合があるんですね。具体的にいうと、夏ピークの場合、防御力360以上でS1を打った時に9割カットが可能となります。

 

シャルの場合、防御性能はS1の被ダメ50%減しかありませんから、石板やらなんなりで防御値600を稼がないと9割カットできません。

しかし呪斧の場合は防御値2倍!デメリットの被ダメージ1.5倍はS1の被ダメ減で相殺できるので、9割カットのためには、防御値1100÷2=550必要になります。つまり呪斧を装備すれば、防御50分浮かせることができるのです!!!

 

???「 あっ、おい待てぃ(江戸っ子); 肝心なとこ洗い忘れてるゾ」

 

f:id:loreleisjp:20170502080759j:image

 そうなんですよね。呪斧は装備による防御の上昇がありません。それに対してネモ餅は防御40、装備することにより上がるんですよね。これはタウン補正が掛かる前の値ですから、実際にはコレの2倍近くの防御値が加算されることになります。呪斧より50余分に防御を稼ぐ必要があるとは言え、装備だけでも呪斧より防御50以上になっていることが多いです。しかもHPが80%を切った瞬間に防御2倍は消えますからね・・・。しかもHPが半分になるし・・・

現状どう考えてもネモ餅のほうが防御性能はいいです。

 

 

呪斧の利点:攻撃編

防御がだめなら攻撃しかない!呪斧は攻撃2倍になるし最強!

と言いたいところですが、シャルロットはオートスキルとS1によって自前で攻撃力200%アップまで持っていけるんですね。呪い武器の攻撃2倍(100%アップ)はこれと加算の関係になりますから、実際に装備させても、(100%+200%+100%)÷(100%+200%)となり、1.33倍の強化しか受けないことになります。

それに比べてネモ餅はASアップ55%。差は歴然・・・かと思いきや、実はシャルはチャージすることによりASアップ200%まで上がる特別仕様になっております。これも加算の関係ですから、(100%+200%+55%)÷(100%+200%)となり、1.18倍の強化しか受けないんですね。シャルの難しい点はここで、ダメージアップの大きな源となる攻撃力アップとASアップの強化が青天井なため、並の武器では、ここを強化しても上昇値は微々たるものになってしまうんですね。

リジェネを計ったところ、呪斧の回復量が1100くらい、ネモ餅だと1000いかないくらいになりました。呪斧は私の怠慢によって武器スロットのAS+30%を厳選し忘れていますから、実際にはこれ以上の差となります。カカシに対するダメージもだいぶ呪斧のほうが上です。

 

 

会心と移動速度

 

 一応呪いの利点は他にもあって、会心値も2倍になることなのですが、シャルに会心っていりますかね?いや、もちろんあるに越したことはないですが。

会心値を上げることにより会心ダメージと会心発生率が上昇します。しかし会心値を1000にしても会心発生率はだいたい60%。つまり4割の確率で会心が発生しないことになります。

シャルの運用は、レインと似たような運用。つまり高火力スキルで単体ボスをワンパンという想定になります。こういうキャラは、ダメージの最高値よりも最低値に注目したほうがいいと思います。求められるのは、運が悪くてもワンパンできる能力。つまり、会心が出なくてもワンパンできる能力が求められているのです。

オスクロルやマナなどの手数が多いキャラは、会心の期待値を上げることによる利点があるでしょう。しかしレインやシャルの必殺S2は1ヒットです。期待ダメージを上げるよりも最低ダメージを上げることのほうが重要だと思います。そして会心を盛ったところで会心が出ない確率が4割もあるのであれば、その賭けに乗る必要は無いと思います。

 

同じように私は、シャルの移動速度もあまり問題だと思っていません。そもそもウォーリアにはコロリンを連打することによって早く移動できるという利点があるという理由もありますが、移動速度が必要ないという根本的な理由は、シャルが広範囲殲滅用キャラではないからです。ユキムラやテトラにとっては、移動速度は死活的なものです。彼ら彼女らの真価は、敵がわらわらと出てくるステージでの殲滅力にあり、いち早く敵が湧いてくる地点に到着し、攻撃を届かせなくてはならないからです。しかし、シャルやレインは、1体のボスが出てくる地点に到達すればそれでいいのであり、現在の天魔協力星13のアンフィスバエナのような即ボスステージでは移動速度は重要ではなく、道中があるステージでも60秒のマッスルゴーレムで事足りるからです(道中が60秒以上かかるステージでは、道中での比重が大きくなってくるので、そもそもシャルではなく広範囲殲滅型のキャラの方が適正でしょう)。むしろ移動速度を上げることによりバスタースピンを空振るなどの弊害も発生します。シャルに必要なのは、最低限敵のDAを避けられるだけの移動速度であり、それはすでにオートスキルで満たしていると思います。

 

 

モチーフに期待すること

シャルに欲しいのがチャージ速度、通常攻撃アップ、雷属性アップ、攻撃速度アップあたりでしょうか。とういうかチャージ速度は絶対来てもらわないと困ります。武器などで速度をあげないと、S3が先に発動してしまい、S1の2段階チャージができません(最初にS3を打てという運営の考えかもしれませんが)。移動速度もあればいいですが個人的な優先順位としては低いです。

 

正直純粋な白ダメアップは計算上あまり望めないので、雷属性ダメージ増加か、早くスキルを打てるというDPSの改善を図ってくるかのどちらかでしょう(あるいは両方か)。

 

とりあえずとしてはそのうち二つを満たしてるハリエット餅を装備させるといいのではないでしょうか。一応聖夜リリー餅に通常攻撃100%増加があるんですが、S3は転倒で即消滅であるということを考えると、覇装はあくまでおまけと考えたほうがいいと思います。レナやリネアのように通常攻撃主体で戦うキャラではありません。